夫婦間人工授精法(AIH)は、精液の中の不要物質を取り除くという不妊治療の方法です。 精液の中の不要物質を取り除いて、元気な精子を濃縮させることにより、受精の確率を高めます。 不妊の原因が分からない場合や、精子と頚管粘液との相性が良くない場合、元気な精子が少ない場合などに用いられることが多い方法です。 まず、精子の採取が必要なのですが、これは自宅で行っても、病院で行ってもかまいません。 精液の中の不要物質を取り除く際には、アイソレートという液体を使用します。 アイソレートを使って処理するのに、1時間30分くらいの時間がかかるでしょう。 その処理が終わると、子宮の中に人工授精針を使って処理済みの精子を注入していきます。 一見、痛そうに感じるかもしれませんが、痛みはありませんし、時間的にも短時間で終わります。 そのため、入院する必要はなく、すぐに家に帰ることができるのです。 夫婦間人工授精法(AIH)は健康保険が適用されないので、全て自己負担となり、一回で1万5千円前後かかるのが一般的でしょう。